2007年06月18日

命の洗濯?

このところ連日、気温が30度をこえる真夏日となっています。
梅雨入り前のこの時期の晴天は貴重ですから、ウエルカムですが
さすがに真夏日はちとキツイです、、、

さて、先日の日曜日、家族でエリシオンを駆って1時間程のドライブをしながら
「そば」を食べに行ってきました。
僕が住む山形市から高速道と一般道を使い1時間程のところにある
月山志津温泉が目的地です。

いぜんこのブログでも書きましたが夏スキーのメッカとして知られる場所で、7月いっぱいスキーが楽しめるところです。

我が家が訪れた日曜日はお天気にも恵まれて、東北はもちろん、関東や遠くは関西
ナンバーの車も見かけました。
ここでいただく「山菜そば」がうまいのです。

大きな鍋に人数分の山菜汁がたっぷりと盛られ、各自が好きなだけお椀によそり、そばをつけていただくのですが、
温かい汁が冷たいそばにからみ不思議な感覚。
なんといっても最高なのは山菜の味覚。すべて地元月山で採れた新鮮な山菜だけに、それぞれの山菜が味を主張しているんです。
DVC00003.JPG DVC00004.JPG

わらび、ぜんまい、うど、たらのめ、ふき、きのこも2〜3種類などなど、正直言って僕には名前すらわからないような山菜がたっぷりと入っているんですから、これはもうたまりません。


おなかいっぱいただいてこれで1人前1100円!
近ければ毎週でもいただきたいくらいです。
そして何よりもぶなの新緑と木漏れ日を体全体でシャワーのように浴びながらの森林浴。

忙しい毎日、ちょっと自分の時間を作って出かけてみませんか。
命の洗濯できますよ。
posted by サラリーマンぶっちぎり! at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

スキーのあとはサーフィン!

最近ふと気付いたのですが、スキーキャリアを付けた車を見かけなくなったなあと思うんです。一方、ルーフボックスを積んだ車などは結構見かけますが、、、

全国的にスキー場は利用客の減少に歯止めがかからない傾向にありますから、当然の現象でしょうか。
僕が暮らす山形には樹氷でお馴染みの蔵王温泉スキー場があって、今シーズンはもう終わりましたが、お客さんの数はまずまずだったようです。
昨年のシーズンインが暖冬で、本州のスキー場は軒並み雪不足でオープン出来ずにいたときに、蔵王は雪に恵まれていたからです。蔵王の関係者はえびす顔といったところでしょうか。しかし相手は「お天気」しだいですから、明日はわが身ですよね、、、

ところで、山形県には多くのスキー場がありますが、中でも夏スキーのメッカとよばれる「月山スキー場」はなんと!冬が終わった4月中旬にオープンするんです。

なぜなら、冬の間は雪が多すぎてオープン出来ないのです。除雪作業はスキー場に通じる道に高さ10メートルを超える雪の壁を作りながらすすめます。もちろん、リフトも鉄塔ごと雪に埋もれていますから、重機で掘り起こす作業が必要なんです。
オープンが4月というのも頷けますよね、ちなみにここは7月いっぱいスキーが楽しめますから、月山で夏スキーをした後に、日本海で海水浴なんて芸当が可能です。
さすがに日本でも唯一ではないでしょうか?

こうしたスポットを知る人は増えているようで、先日、地元月山志津温泉の民宿のおばちゃんに話を聞いたのですが、金曜の夜、仕事を終えたOLグループが車で夜中に到着し、翌朝6時には滑っているというのです。首都圏から高速道路で5時間ほどですから十分可能!週末を月山で夏スキーを楽しみ、山菜料理で舌鼓を打ち、日曜の夕方に戻る。

仕事だけで身も心もボロボロのサラリーマンには別世界の話ですが、こういう楽しみ方は素敵だと思います!
posted by サラリーマンぶっちぎり! at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。