2008年09月22日

X-seater

 季節は秋のはずなのに、、、暑い日が続きますね。
連日の真夏日です。

私の日課である犬の散歩も、例年であればジーンズにパーカーなどを羽織ってといういでたちですが、、、今年はまだ真夏のまま。
Tシャツに短パン姿で散歩してます。

先日、蔵王へドライブに行って来た友人が、さすがに高い山はわずかに色づいてきたと言ってました。
紅葉も遅れ気味ですし、鮮やかな色が出るのかちょっと心配ですね。

一方で青々と茂っているものと言えば、、、

そう竹林です。 竹はこの時期青々とした葉をいっぱい茂らせることから、「竹の春」と呼ばれています。

他の木々が葉を落とす頃に青々と茂る「竹」。
まさに「明」と「暗」で対照的ですね。

明暗といえば、日本の車の色で人気色は白と黒と言いますから。
日本の風土に根ざした奥深いものかもしれません。

ところで最近、意味深な車のCMがきになります。

トヨタの「X−SEATER」「ワゴンより贅沢に・ミニバンより優雅に・
セダンより自由に
」というコンセプト。

明らかに子育てを終え、サラリーマン人生に別れを告げようとしている「団塊の世代」をターゲットにしているのでしょう。
さすが、マーケティングを車づくりに活かすのがうまいトヨタですね。
一方で、売れ筋の「ハリアー」を「Lexus」ブランドにとられてしまう
トヨペット系列の救済策でもあるわけですね。

新車を出せば売れた良い時代を、再びこの国に求めるのは酷なこと。
まして、若者世代は車にあまり執着心がないとくれば、
「良い時代」をトップランナーで生きてきた団塊世代の方々に期待したくなる気持ちもわかります。

さあ、消費者という女神は微笑むのでしょうか?
posted by サラリーマンぶっちぎり! at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

地球環境にもやさしいエリシオン!

愛車HONDAエリシオンも、我が家に来てから早4ヶ月がたちました。

ここまでトラブルはまったくなし。 主に妻が毎日の足として使用していますが、

すこぶる快調です! 石油製品高騰のおり気になる燃費は街乗りでリッター6.5キロ前後、そして高速ではリッター12キロを記録。 

つい先日、帰省先の東京からのUターンでのことでした。

これだけ走ってくれると、満タン70リッター入るエリシオンの燃料計の針は、500キロ走っても半分の真ん中辺を指し示しているではありませんか。

おまけに高速道はETCの深夜割引が適用されたので、もうお得感バリバリバリューってな感じでした。

それにしても、このガソリン高には困ったものです。

まあ、日本だけでの問題ではなく、自動車大国アメリカでもご他聞にもれず、その影響でアメ車に象徴される大排気量の車が売れず、代わりに日本車が大人気とか、、、

ちなみにアメリカのガソリンの価格はどれくらいなのというと、リッターに換算するとおよそ90円くらいするそうです。

日本に比べればまだ安いと思われるかもしれませんが、
アメリカではこれまで半分以下の価格でしたし、まさに湯水のような感覚で消費してきたわけですから、消費者の心理的影響は大きいと思います。

そして何より、日常の走行距離が日本と比べてケタ違いに多いでしょうから、、、

あなたにとって、ガソリンの適正価格はいくらですか?
posted by サラリーマンぶっちぎり! at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。