2009年01月17日

サラリーマンをやめる決心

このごろ 脱サラする友人が増えている


この年になると
出来ない理由ばかりをさがして
今のサラリーマンを続けているが
このままでほんとうにいいのかと
感じるようになってきた。




というのも 
わたしの友人が 脱サラして 自分で会社を興したのである。


たいしたやつである


マスコミ系の会社で
今は不景気なのに 経営は順調のようだ



このまま 俺も会社につとめても
退職金もきまっている。

老後の暮らしも もう見えている


どこかにのんびり旅行をするというのも
できないのもわかっている


このまま
自分の人生を あきらめてしまっていいのか・・・


昨年から考えていたことだが
わたしも脱サラ宣言をしようとおもう。


子供3人 妻ひとり 長男で としおとこ だが
もう一度 人生を考えてみることにする。



で考えたのが
アメリカに家族で移住すること。



すごい計画だ


資金もなし
いやぎゃくに 子供の教育費などの 借金もある

住宅の借金もだ


つまり貯金がないわけだが
いろいろ調べて ぜったいに 実行してみることにする。


今年の抱負。


ビックな年になりそうだ!!
posted by サラリーマンぶっちぎり! at 07:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

ジェロ

ジェロの人気について 考えてみた
歌声がすばらしく 感激したからだ

ジェロはペンシルバニア州ピッツバーグ出身の演歌歌手
ちかごろ日本のマスコミを騒がせているのがとってもキュートなジェロ

日本人以上に日本人のこころを歌い演歌会でもかなりの高評価!

和田アキコ絶賛の ジェロは 1981年9月4日生まれ
まだ27歳の ステキな青年である

味のある唄い方は 演歌を あまりすきではない若い世代にも
人気で あたらしい演歌の世界を築くことができそうな勢いである

もともと日本人である祖母の影響を受け、小さい頃から演歌を聴いたジェロ
大好きな祖母を喜ばせるために自分でも演歌を歌い始める。

そして 演歌の魅力に取り付かれていく・・

ピッツバーグ大学を成績優秀に卒業し コンピューターエンジニアとして
将来を有望されるが 演歌をあきらめきれず、
世界各地で カラオケ大会などに出場し
ビクターの目にとまりデビュー


デビューまでは2年間のボイストレーニングをうけ
正統派の演歌歌手と インターナショナルな雰囲気を融合させ
独自の世界を築きあげている

ジェロは今期待のニューフェイスである


ラベル:ジェロ
posted by サラリーマンぶっちぎり! at 00:00| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。