2007年05月24日

当てられた!

夕べ会社からの帰宅途中、丁字路を左折しようと一時停止して安全確認をしていると、

後ろのほうからゴツンという音と衝撃が! 

ふと後ろを見ると、左側にある某お弁当やさんの駐車場からバックでで出てきた車が、僕の車の左後部バンパーにお尻をぶつけているではありませんか。

完全に相手の後方不注意によるもので、ドライバーは平身低頭。
車のキズも、塗料がわずかにはがれた程度で、へこみなどはありませんでした。

それにしても、今回は相手の不注意によるものでしたが、同じドライバーとして、
車の運転は注意の上にも注意を払ってハンドルを握るべきと、改めてキモにめいじました。

しかし、こんなことで当てられてもしょうがないですよね。
Toto BIGでも当たってくれれば良かったのですが、トホホホホ、、、
まあこの程度のアクシデントで済んだことを、ラッキーだったと前向きにとらえようと思います。

ところで、このところ僕の住む街は良い天気が続いています。
かれこれ3日ほど晴天続きです。
よく「五月晴れ」という表現を使いますが、あれもともとは、旧暦の5月、実際は6月ごろの梅雨の合間の晴れの日を表現する言葉とか、、、「なるほど」とうなづいてしまいます。

言葉にはそれぞれ生い立ちがあるんですね。 「言葉は生き物」時代によって変化は受け入れるべきとの考え方もわかりますが、こだわって守り、伝える「言葉」もあって良いんじゃないのかなあと思う今日この頃です。
posted by サラリーマンぶっちぎり! at 21:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

出会うべくして出会ったのだ!

5月もはや中旬に突入ということで、いい季節になってきました。
山の緑もいつの間にか濃さを増してきました。何かと忙しく、ふと立ち止まって周りを見渡す余裕がないのが現実ですが、山々の緑がグラデーションのように変化してゆく様は美しい限りです。

さて、我が家の「車選びの旅」は佳境に入りつつあります。
ウオーキングの途中でたまたま立ち寄った中古車ディーラーで発見した「エリシオン」。

コンディション良し!欲しかった「リヤエンタ」付!おまけに内装色が希望のベージュ!と3拍子揃っちゃったのであります。
これはもう偶然というに及ばず、はっきり言って運命だったのです!
「出会うべくして出会った」と言っても過言ではないのです。
当然のごとく、我が家の“大蔵省”である奥方を連れて試乗にはせ参じたのでした。

結果は奥方も満足のご様子というべきか、試乗中にスヤスヤとお眠りあそばす始末。
「あまりにも車内が静かで揺れも少なく気持ちよく寝られた」とのコメントを残し、
試乗を終えたのでした。

気になる“大蔵省”の判断は、、、、、○!!!しかも大奥が「現金一括でお支払いしますね」とニッコリしながら告げると、
担当の営業さんは一瞬ポカーンとした表情をしたあと正気に戻ったかのように、
「ありがとうございま〜す!」と最敬礼。
景気は上向きというのは、首都圏など一部のお話。地方都市ではまだまだどころか
景気の底が見えないほど低迷しているのが現状ですから、珍しかったんでしょうか?

かくして、
平成17年式の「エリシオン前期型」は晴れて家族の一員になれたのでありました。

「エリシオン」の乗りごごちなどについては、おいおいお知らせしますね!
posted by サラリーマンぶっちぎり! at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

エッ!付いてるの?

車選びの旅の途中、たまたま前を通りかかった中古車センターに意中の車が3台ほど並んでいました。

車の名前はホンダ・エリシオン。
1台は白色、他の2台はシルバーでした。 
外見はいずれもコンディションが良く、合格点。
なかでもひと際光り輝いているシルバーのエリシオンに近づき車内を覗き込むと、これまた室内がきれいなんです。シートはもちろん、天井やフロアも新車同然。

これ本当に中古車?と思いながら、舐めるように見ていった視線の先にあった物は、、、そうなんです!
前から一度体験してみたかった
リアエンターテイメントシステムが装備されているではありませんか。

「リアエンタ」とは天井についたモニターテレビで、テレビやDVDの映像はもちろん、カーナビやゲーム機器をつないで楽しめちゃうというすぐれものなんです。
しかも、ホンダのそれはワイヤレスヘッドフォンで迫力のある音声とともに楽しめるんです。高速道路を遠距離移動する機会が多い我が家には必需品だと確信している僕は、今回なんとしても欲しい一品なのですが、新車のオプション価格はおよそ30万円。こすとパフォーマンスを考えると二の足を踏んでしまうのも事実!
その「リアエンタ」が、僕の目の前に今あるエリシオンに付いてるのです!
心の中で「ウッソー!」と叫んだ僕の背中に「よろしかったら中ご覧になりますか〜?」と声が掛けられたのでした。振り返るとそこに、一人の男性営業マンが立っておりました。

「この車を捜していたんだよ!」という心の叫びを表情にあらわさないように押し殺しながら、
「エエ、じゃあちょっと見せていただけますかあ〜!」と、
ちょと上ずりながら返事したのでした。
posted by サラリーマンぶっちぎり! at 09:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

犬も歩けば棒に当たる?

運動不足解消を目的にウオーキングを始めてかれこれ7〜8
年になります。
われながら良く続いているなあと感心していますが、その理由
はと考えると、やはり「好きだから」なんだと思います。

歩くことが好きというのではなく、同じコースを歩いていても、時間帯や、
季節が違えば自然と街の顔が違って見えるからです。
普段は会社へ行く前に朝一時間ほど歩くのですが、通学・通勤
時間帯と重なるので、なんだかせわしくない街の表情を感じな
がら歩きます。

たまに日中歩くと、公園で小さなわが子と遊ぶ親子の姿が微笑
ましかったり、お年寄りが立ち話をしている風景がスローモー
ションに見えます。

西の空に日が沈みはじめる頃には、どこからともなく夕げの香
りがただよってきます。
「匂い」というのは不思議な力を持っていて、なぜだか昔の記
憶を呼び覚ましてくれます。小学生の頃、遊びつかれてお腹を
空かせながら家路を急いだとりとめのない当時の日常がフラッ
シュバックのように甦るのです。
様々な楽しみをもたらしてくれるウオーキングが、気が付いた
ら長く続いていたね、、、てな感じです。

そんなある日のこと、いつものウオーキングをしていると、
一台の車が目に飛び込んできたのです。

それは、いつも歩いているコース途中にある中古車ディーラー
に並べられている中の一台でした! 
先日、見積もりを出してもらったホンダ・エリシオンが銀色の車体を鈍く輝かせながら置かれているではありませんか。僕は思わず足を止め、見入ってしまいました。

そして次の瞬間、車のそばに近づき車内を外から恐る恐る覗い
たのでした。

posted by サラリーマンぶっちぎり! at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

ついに座布団5枚に!

このところ、連チャンで我が家の車選びについて報告させて
もらっています。

試乗車のエリシオン、お洒落で未来的なイメージのインパネに
ガツーンとやられた僕は、妻を助手席に、小六の娘を2列目に
乗せていざ出発!

ディーラーから目の前を走っている幹線道路に。
交通量が多いので流れに乗るためにアクセルを多めに踏むと、
ワンボックスの大きな車体を感じさせない小気味良い加速をす
るではありませんか。

ここでまた心の中で「座布団2枚!」と叫んでいる自分がいる
のでした。
これで心の中の座布団は計5枚

実際ハンドルを握っていると、車内の騒音も適度に抑えられ、
サスペンションのお陰か振動も抑えれている感じが、、、娘も
車酔いもせず気に入った様子。

20分程のドライブから好印象でディーラーに戻ってきた私た
ち家族は早速値段交渉に、今回どうしても欲しかったオプショ
ンに、リアエンターテイメントと呼ばれるシステム。まあ簡単
に言ってしまえば、後席の天井にもうひとつモニターテレビが
あり、テレビやDVDの映像や音声が楽しめるというもの。
ホンダのそれはワイヤレスヘッドフォンが2つ付いていて、臨
場感のあるサラウンド音声が楽しめるようになっているのです
。このオプションの価格はおよそ25万円。
更に諸々のオプションや諸経費込みで460万円。
下取り車分と値引きで、400万円なりとのこと。

営業さんにはずいぶん頑張ってもらいましたが、さすがに「この価格はちょっとねぇ〜」といのが本音、後ろ髪ひかれつつディーラーを後にしたのでした。

我が家の車選びはいったい何処の方向へ、、、、もうまったく
わからない状況にはまってしまったのです。
posted by サラリーマンぶっちぎり! at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。